イギリス平凡八景

My middle aged shout outs

BRPからeVisaへ

数日前、カード式の永住ビザをデジタルのeVisaに切り替えた。

4月下旬にホームオフィス(内務省)から、「BRP(カード式のビザ)からeVisaへ切り替えされたし」みたいなメールが届いたので、すぐにアカウントを作成したけれど、スマホアプリでID認証を開始するためのアカウント側のコード入力画面やQRコードが、どこを探しても見当たらなかったので、しばらく放置していた。

すると先月末にまた同じ件名のメールが来たのでログインしたら、以前はなかった認証ページへ誘うボタンが出現していて、今回はあっという間に作業が完了した。スマホのカメラでBRPのチップを読み込むところは結構手こずったけれど。(レンズとBRPカードは完全にくっつける。そしてデータはチップマーク付近にはなかった。)

これまでのビザ申請では、書類集めや申請書の記入に神経を使い、申請料金もガッツリむしり取られていたので(スタンプ式の永住権が貼られたパスポートを、空き巣に盗まれてBRPに切り替えた時も、無慈悲にビタ一文まけてくれなかった)、今回eVisa切り替えが短時間&無料で全て終わってしまって肩透かしというか、まだ何か後になってあるんじゃないかと、疑う気持ちが消せない(笑)

↓こんな記事を読んだ後だったということもあり。

www.theguardian.com

そんなひねくれた心で手続きをしたからか、パスポートの情報を、昨年更新した新しいものにアカウントからアップデート申請したところ、1週間後に届いた返答は、「アカウント名とパスポートの名前が一致しないので許可できません。」という、想像の斜め上をいくものだった。思わずメールに向かって、ここには書けない言葉で罵るという本性を曝け出した直後、こちらとしては修正も何もないので、全く同じ内容で再申請してみた。次も同じ返答なら、電話でこう言ってやろうああ言ってやろうと鼻息荒く台詞を練りながら。(実行できるかどうかは別として…)

それから数日後、何事もなかったかのように更新が認められた。

この国のこの手のいい加減さに、未だいきり立ってしまう己の未熟さを恥じた。